角丸四角形: ECS-IDとSPS-IDについて

 


Ÿ   学生アカウントECS-IDについて

Ÿ   ECS-ID利用講習会と有効化処理

Ÿ   教職員の方で、ECS-IDを利用される方へ

Ÿ   教職員アカウントSPS-IDについて

Ÿ   短期滞在者用アカウントについて

 

 

 

 


情報環境機構が発行する「a0」から始まるアカウントです。ECS-IDで、電子ジャーナル・データベース、MyKULINEなど図書館オンラインサービス利用の他、
全学生共通ポータル
(共通認証システム)KULASIS、学習支援サービス(PandA)、オープンスペースラボラトリ
OSL,教育用コンピュータシステムPC端末)等の京都大学が提供するITサービスがご利用頂けます。

入学時に学生アカウント通知書が交付されます。アカウント通知書に記載されているURLにアクセスし,ECS-IDの有効化処理をして下さい。
有効化処理をしてはじめて学生アカウント
(ECS-ID)とそのパスワードが有効になります。

参考):情報環境機構HP学生アカウントの有効化とパスワード

              http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/cert/ecs_id/use/use.html


OSL
,サテライト演習室等の教育用コンピュータシステムPC端末のご利用を希望される場合、利用講習会を受講する必要があります。
講習会日程は情報環境機構ページをご覧ください。

参考)情報環境機構HPイベント情報

              http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/whatsnew/event/

 

教職員の方で、教職員用アカウントSPS-IDが発行されない教職員の方(非常勤講師・学振特別研究員など)については、ECS-IDが発行されます。

2013年度より理学部中央図書室でも利用(継続)申請ができるようになりました。

n  対象:・教職員用アカウントSPS-IDが発行されない教職員の方(非常勤講師・学振特別研究員など)
     ・2016年1月からは理学研究科または理学関連部局の所属の方に限らせていただきます。

n  申請受付場所:

学術情報メディアセンター南館1F情報環境支援センター共同利用担当 地図→PDF

  代行受付所:理学部中央図書室

n  受付時間:情報環境支援センター 月~金 10:00-17:00

             理学部中央図書室   月~金  9:00-17:00

n  必要書類:申請書(新規利用登録→PDF  利用継続および変更→PDF

       京都大学発行の身分証(あるいは部局長の公印付受入証明書、日本学術振興会発行の身分証など)

n  注意点:

(1)    理学部中央図書室は代行受付所ですので、即日発行はできません。

  当日発行を希望される場合には、情報環境支援センターにて申請して下さい。

(2)    利用(希望)者本人による直接申請が原則ですが、直接申請が困難な場合は,教職員に限り代理申請が可能です。
その際は申請者の身分証のコピーをお持ち下さい。

(3)    「一個人一ID」制で「複数アカウント」は発行できません。

(4)    着任日前の事前申請はできません。ただし名誉教授の場合は、教育研究評議会で授与が承認された日以降であれば、申請可能です。
(この場合の身分証は、「名誉教授の証」ではなく、認証
ICカードで可)

参考)情報環境機構「学生アカウント(ECS-ID)取得と継続申請」のページ

                http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/cert/ecs_id/use/ecs_account.html

             

 

       

情報部が発行する教職員グループウェアのアカウントで「名前のローマ字・数字3桁・名字のローマ字」の形式です。
理学研究科では、情報管理担当がお問い合わせ先となります。電子ジャーナル・データベース、
MyKULINEなど図書館オンラインサービス利用の他、
京都大学職員グループウェア等がご利用頂けます。

 

 

 


学内に受入責任者がおり、客員等招へい、共同研究、学会等で京都大学に短期間(1年未満)滞在する研究者の方で、
ECS-ID
が取得できない方については、短期滞在者用電子ジャーナル・データベース認証システム専用IDが取得できます。
詳細は理学部中央図書室へお問い合わせください。